24時間テレビメインパーソナリティーを務めた自担に惚れ直した話

2020年夏 自担が24時間テレビメインパーソナリティーを務めた。その姿があまりにもかっこよく、2週間経った今もメロメロなので、ただただ愛を叫ぶためだけに本記事を書くとする。

先般のコロナウィルス感染症の対策をしながらの番組制作となり、43回目の放送ではあるが「新しい生活での1回目」として新しい試みを取り入れる(というかそうせざるを得ない)挑戦の多い年となった。
今年のメインパーソナリティー

井ノ原快彦(V6)
増田貴久(NEWS)
重岡大毅(ジャニーズWEST)
岸優太(King&Prince)
そして我らがKis-My-Ft2 北山宏光である。

24時間テレビのメインパーソナリティーはここ15年、デビューしているグループ1組が担当する慣わしとなっている。(2005年・2015年・2017年を除く)日テレキャスター軍団*1は記憶に新しいが、今年の人選が発表された際、既に新しい試みなのか!攻めるな、日テレ!と思った。が、これは冒頭の話とはあまり関係がないようで、どちらかというと開催予定だった2020TOKYO開催終了後を見据えての人選とのことだった。

ますます自担かっこいい。

※参考記事

mdpr.jp

上記記事にはこのようなことも書かれている。

―――――皆さんが話していたように、笑顔が優しい、愛されるキャラクター。すべてがそこにつまっていて、2020年という特別な年の24時間テレビを、等身大の言葉で伝えられるメンバーだなと。パッと見ただけで、愛される5人だなと感じて、オファーさせていただきました」と明かした。(24時間テレビプロデューサー)―――――モデルプレス:<24時間テレビ会見>井ノ原快彦・増田貴久・北山宏光重岡大毅・岸優太、メインパーソナリティーの起用理由は より

確かに、見るからに「”陽”を体現してる人集めました」みたいな5人だ。”陰の者”なわたしには眩し過ぎるくらい。正直、北山くん以外深く見たことがないわたしだが、勝手ながら抱いていたイメージをまとめてみる。井ノ原くんは朝の顔として頭の回転の速さを活かしたバランスの良い立ち居振る舞いで何度「結婚して」と思ったことか。増田くんはコメントセンスがとても好きでDVDで観たNEWSのコンサートMCでは大体増田くんで笑っている。重岡くんは”歯医者の人””ニラの人””怪人ウザ岡大毅”くらいのイメージしかないけど、歌番組などで7人で歌って踊る姿を見るとやっぱりセンターの人だよなあって感じる。岸くんはJr.時代に踊っている姿を何度か観たことがあるけれど、本当にまっすぐで愛されるキャラクターだなあって思っていた。きっと見えない部分でそうでない一面ももちろんあるだろうとは思うが、とにかくエネルギーにあふれているし、あまり害がなさそうに見える。
その中で自担は「チャラそう」というサブ属性(むしろメインかも)も持ち合わせている。罪に作りな男である。24時間テレビの取材でパーソナリティのイメージを問われたときに「北山くんはモテそう」とず~~~~っと言ってくれていた男がいる。重岡大毅だ。これはきっと一生忘れない。怪人ウザ岡とか言ってごめん。すきです。(単純)

”あったか5兄弟”という絶妙なダサさのネーミングで(ほめています)親近感もあり番組放送前から既に最高の5人になりつつあった。

いろんな番宣で彼らを見る機会が圧倒的に増えて、特にしゃべくり007と行列のできる法律相談所については5人の関係性が垣間見えて面白かった。グループLINEをすぐに始めたらしい5人。(この時点でかなりの”陽”)井ノ原パイセンがカエルや昆虫の写真を送ったりこまめにメッセージを送り(これも年齢差を縮めようという先輩の気遣い)それを「リアクション取りづらいんです」「カエルきもちわるい」と番組で打ち明けていくのが彼らの流石というところ。(カエルや虫の写真は以後も定期的に送られてくるらしい)その中でも北山くんは、ツッコミ役、収拾役、小ボケ役と名バイプレーヤーっぷりを発揮させているようだった。別件ではあるが、岸くんは以前から北山くんのことを慕っていると雑誌などでも語ってくれていた後輩の一人。今回のことについても「僕、どうしたらいいですかね?」と相談をしたそうで「そのままの岸でいいよ」とカッケー先輩ぶりを見せつけられ、一緒に仕事したい男性ランキング、宇宙上でNo.1(当社調べ)に君臨してしまうのであった。


2020/8/22 18:30 放送開始。

分割画面でリモートでのオープニング。その時には北山くんはいなかったが、わたしの手汗がすごかった。そのまま両国国技館へ移り、いよいよ5人が登場。「糸/中島みゆき」を歌う。その時点でウルウルするわたし。感情の高ぶりにわたし自身も驚くほどだった。音声の乱れやスイッチング、各コーナーの余韻などいろいろ思うところはあったが、最小限のスタッフと共に最小限のリハーサルを経て臨む生放送なんだなと実感した。嵐にしやがれでは、トークもギネス挑戦企画も嵐特有のゆるさで進み、その中でも「お玉でシリンダー水移動」のギネス挑戦権を獲得し、爪痕を残していく北山くんであった。(残念ながらギネス記録更新はできなかった)また、今回は深夜パートについては事前収録(疑似生放送)されていて、21時ごろから5時ごろまでリアルタイムの彼らを見ることはなかったが、全然良かった。そのおかげか、2日目の朝は出演者全員元気で「あと1日がんばるぞ」というシャキッとした空気となっていたように思う。
2日目は、北山くんの綺麗なバク転や、1分間シャトル箸キャッチの上達が早すぎる姿、ジャングルポケットさんとのコラボレーションで本気のコントを見られたり。さまださしさんのコーナーではナレーションを務めていたが、思いのほか上手くてびっくりした。自担の新たな才能が…なんて最高の日曜日だ。何より興奮したのが「おうちでサマー!テッパン夏ソングメドレー」コーナー内の「女性シンガー夏ソングメドレー」である。メインパーソナリティーが以下の曲を歌った。

青い珊瑚礁/増田貴久
♪花火/岸優太
真夏の夜の夢北山宏光
♪世界でいちばん熱い夏/重岡大毅
マリーゴールド/井ノ原快彦

 

 

みんな、歌がうますぎる…!

 

 

それぞれみんなきらきらだし、儚さも有しているし、どこかにアツい部分も持っていて、表現力豊かな5人だなと思った。そもそも北山くんがジャニーズ以外の曲を歌うこと自体なかなか見られない。貴重すぎる。過去でパッとすぐに思い出せるのはキスブサで歌っていた「離したくない/T-BOLAN」くらいである。
さらに、持ち歌披露の時間もあり(至れり尽くせり)デビュー曲「Everybody Go」を披露。Kis-My-Ft2のメンバーが駆けつけてくれた。ローラーを履いて華麗に舞う彼らはもちろん良かったのだが、さらにグッと来たのは、メンバーが来てくれたことによって見えたさっきまでとは違う柔らかい表情、歌いだし直前にスイッチの入る瞬間…アイドルとしての北山くんまでも見ることができた。この24時間テレビの過供給に、わたしはただただ募金を追加するくらいでしか応えることができなかった。(チャリンッ)

最大の驚きは、日曜日の夕方名物「笑点 チャリティー大喜利」。普通に北山くん上手くてワロタ。正直、全然期待していなくて(ごめんなさい)なんでも、番宣時も深夜のしやがれでもトークは他の方々の方が面白いくて爪痕残せる印象だったので…でも北山くんは他にも余りある才能がたくさんあるから…と思ってたら。
特に「―――じょう」でのひとネタのこと。先に北山くんが「お勘定」で答えた後に、岸くんがなぜか「お勘定」で答えてしまい「…ってさっき出ましたよね…!」という岸くんに「岸に便乗」でさらに被せた流れは、twitterでもジャニーズに興味があまりなさそうな一般層の方にも褒めてもらえていた。「台本あると思ってたけど違うのか」とまで書かれていて勝手に誇らしくなった。(誠に勝手)あくまで雰囲気を伝えるためなので、実際の流れは番組を観てね。持っていない人はわたしがダビングしてあげます。

エンディングも今までになくみんな笑顔で温かい雰囲気で、24時間テレビ楽しかったなあ~~って気持ちで番組終了を迎えた。こんな24時間テレビは初めてだったと思う。


―――――コロナ禍で東京オリンピックが延期となり、オファー当初から起用理由の主旨が変わってしまったことから「最初は戸惑うことばかりでしたが、結果的にはこの5人で本当によかったなと思っています」といい、「この特別な24時間テレビを伝えるにあたっては、安心感や笑顔を届けるオーラがこの5人にはあると思っています。視聴者の方にメッセージが伝えられる5人」と太鼓判を押した。―――――モデルプレス:<24時間テレビ会見>井ノ原快彦・増田貴久・北山宏光重岡大毅・岸優太、メインパーソナリティーの起用理由は より


プロデューサーさんの見立てももちろんだし、それに応えきった5人にも拍手と感謝の気持ちを送りたい。

個人的にはこんなワクワクした24時間テレビも久しぶりで、2008年の嵐がパーソナリティだった時以来かも。あまりに楽しみ過ぎて、HDD整理も捗り、常時3倍で20時間残っていればいい方の自転車操業で有名だったのに、標準画質で100時間も確保することに成功。お任せキーワードに「24時間テレビ」も追加し、事前事後の情報番組も全て録画。編集・ダビング・個人的なタイムテーブルの作成も翌日には全て完了した。(有給取った)オタクとしての仕事を全うした感じする。達成感と満足感と充実感。


水を差す出来事が無きにしも非ずだったけど、それほど大きな仕事だったし、番組としても彼は大きな存在だったってことが分かった。オタクは都合の良い解釈が得意技です!!サンキューセンテンススプリング!!!


なにより、北山くんめちゃくちゃかっこよかったなあ。これに尽きる。本当に北山くんを好きになれてよかった。どんどんでっかいことしていく姿を見せてほしいよ。

北山宏光として。Kis-My-Ft2として。