あなたがわたしにくれたもの ~櫻井翔 編~

櫻井翔くんが36歳の誕生日を迎えました。

おめでとうございます。

会話もしたことがないのに、かれこれ10年はおめでとうございますと
お祝いを(勝手に)しています。


申年で年男の翔くん。
もう「くん」とか呼べない年齢なんでしょうし、本来呼べない年齢差でもあるの
ですが
この先もずっと「翔くん」です。

せっかくのお誕生日だから、

わたしの人生にとって翔くんはどんな存在なのか

という非常に重い、そしてわたし以外にはどうでもいい、
翔くんが誕生日とか全然関係ないことを
今日の記事としようと思います。



嵐はわたしのジャニーズの礎となったグループ


私は、母や親戚の影響もあり幼いころからジャニーズをよく観ていました。
Kinki Kidsのデビュー前あたりでしょうか。
自分の波長にも合っていたのか
「なんとなく見ている」から「好きで見ている」に変わっていきました。
所謂、お茶の間層です。

歌を唄っている姿やバラエティ番組が主で
ジャニーズJr.を見る機会はほとんどありませんでした。
かろうじで山Pは知っている、くらいだったので
NEWSがデビューする時も、周りの女子たちは「なんで!9人も!!」と
紛糾していたのを「なるほどなあ」と聞いていた立場です。

中学生のころ「花より男子」が大ヒットしました。
もれなくわたしもハマりました。
母親が持っていた全巻を借り、読破。
普段、本はおろかコミックすら読まないわたしには
「ありえないっつーの」という事態でした。

花より男子DVD-BOX

花より男子DVD-BOX


ドラマもさることながら、嵐が歌っていた主題歌の「WISH」が大好きで、
CSの音楽チャンネルでMVが流れていたので録画をし、エンドレスリピート。
観過ぎてHDDデータが壊れました。

5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009 [DVD]

5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009 [DVD]


これが嵐個別認識のきっかけです。
俗に言う「花男落ち」一派の一人です。

嵐に興味を持ったきっかけが花男だったこともあって、
はじめは松本くんの画像ばかり集めていました。
眉毛凛々しいなあ、まつげ長いなあ、口元セクシーだなあ。

のはずなのに。
好きな写真を保存していたフォルダを見返すと
増えていくのは、櫻井くんと二宮くんの画像ばかり。
最終的には、櫻井くんがシェア率トップとなりました。

あまり意識したことはなかったけど、
その現実に気が付いたときに「あ、わたし翔くんのこと好きなんだ…」
気が付かないうちに抱いていた幼馴染への恋心みたいな感じ。


そこから「わたしは櫻井翔が好き!」と公言するようになった気がします。
大体2007~2008年あたりかな?

初めて行ったコンサートはAAA08。
嵐にとって初の国立競技場でのコンサート。
わたしにとっては初のジャニーズのコンサート。

こんなにもハッピーに満ち溢れていて、
ピースフルで、とても優しかった。
野外ということもあって、同じ時間を過ごしている感覚が強くあった。
ただただ、とにかく楽しかったです。

ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO [DVD]

ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO [DVD]


ここで、完全に沼におちました。


自身、長い入院生活をしたり、家にいる時間が長かったこともあって
一般的なキャンパスライフや、多くの人が通るであろう道から逸れていました。
当時は「それでもいいんだよー」と言ってくれる人が、
翔くんしか居ないと思っていた節もあります(やべぇヤツ)

今、一般企業に正社員として普通に働くことができていますが、
そこまでこぎ着けたのは、あの強いエネルギーを持っている
櫻井翔をずっとみてきたから、というのも一因としてあると思っています。(や
べぇヤツ)

いま、いろんなジャニーズタレントを見たり、見に行ったりしていますが
やっぱり根底には彼がいます。

敢えて大袈裟に言いますけど、
彼を好きになったから、今の自分がありますから。

揺るがなくずっと好きだなぁと思っています。
人として尊敬していたり、憧れ?というか、凄い人。

そんなことを、36歳の誕生日の日に改めて思い返させてもらいました。


改めて、櫻井翔くん、お誕生日おめでとうございます。